韓国、新型原発の内部公開 安全性アピール via 中日jp

 【蔚山共同】韓国の全原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)は5日、南東部・蔚山で建設中の新古里原発3号機の内部を海外メディアに公開した。 同機は出力140万キロワットの新型の国産加圧水型軽水炉。韓国は同炉を原発輸出の主力と位置付けており、輸出拡大に向け安全性をアピールする狙いもあり そうだ。

国内初の新型炉となる3号機は5月に核燃料を搬入し、9月に稼働を開始する予定。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.