Skip to content


『ダークナイト ライジング』の核描写, 米でも批判 via webDICE

公開以来、期待値が高かった分、批判も相次いでいるクリストファー・ノーラン監督『ダークナイト ライジング』。特に日本人が観て首をかしげたくなるのが、クライマックスでバットマンが、宿敵ベインが仕掛けた中性子爆弾からゴッサムシティの人々を守る ため、市内から6マイル=約10km以上離れた“安全な”海上に投げ、市民が爆発を見守るシーンだ。加害半径が10kmというのだから、いったいどれだけ 放射能について無知なのか製作者の見識を疑ってしまう。

[...]

8月7日付Truthoutの「ダークナイトのキノコ雲」と題した記事で、ミラーは次のように述べる。
「確 かにコミックブックのスーパーヒーローたちは、武器について厳密ではなかった。スーパーマンに熱中していた読者は、石炭をぎゅっと握ればダイヤができると 信じていた。(略)ただ、それで子供がバーベキュー用の石炭を触るのと、批判能力の欠如した人間を、水素爆弾をイランに落とせば中東問題を解決できると信 じこませるのとはわけが違う」「ごく狭い範囲に限定された核戦争などありえない」「なぜこの映画に関わった俳優やスタッフのうち誰もこの点をつっこまな かったのか」「映画を観に行く人たちは、批判眼を持って作品を鑑賞し、核兵器が安全に爆発することなどありえないと否定する責任がある」。

全文は 『ダークナイト ライジング』の核描写, 米でも批判

参考 The Dark Knight’s Mushroom Cloud via Truth-out.org

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.