大気汚染防止法など改正へ=放射性物質に対応-環境省 via 時事ドットコム

環境省は19日の中央環境審議会(環境相の諮問機関)で、大気汚染防止法や水質汚濁防止法など4本の法律を改正する方針を明らかにした。放射性物質による大気や河川の汚染に対応できるよう、放射性物質による汚染を「適用除外」としている現行法の規定を削除する。
大気中に放射性物質が放出される重大事故が発生した場合に備えるのが目的で、このほかに適用除外規定を削除するのは海洋汚染防止法と環境影響評価法。

続きは大気汚染防止法など改正へ=放射性物質に対応-環境省

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.