浪江町など10地点で検出=原発事故由来のプルトニウム-文科省 via 時事ドットコム

文部科学省は21日、東京電力福島第1原発周辺で土壌調査した結果、原発事故で沈着したとみられるプルトニウムが、福島県大熊町、浪江町、飯舘村、南相馬 市の4市町村10地点で検出されたと発表した。最大量は浪江町で出た1平方メートル当たり11ベクレルのプルトニウム238で、海外の核実験で過去に降下 した際の最大測定値を約1.4倍上回ったが、健康に問題はないという。

全文は 浪江町など10地点で検出=原発事故由来のプルトニウム-文科省

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.