Skip to content


「原発事故で死んでない論」は許されない (東京新聞)via 「日々坦々」資料ブログ

「原発事故で死んでない論」は許されない
(東京新聞「こちら特報部」8月12日)

将来のエネルギー政策を決める政府の意見聴取会で先月、中部電力の社員が「(福島原発事故で)放射能の直接的な影響で亡くなった人は一人もいない」と発言 した。この場に限らない。最近、ちまたでよく耳にする「原発事故で死んだ人はいない」論。そこでは避難を強いられた地域住民の苦しみは置き去りだ。どうか 思い出してほしい。原発事故がなかったら、死なずにすんだ人たちがいる。(中山洋子)

「原発事故で誰も死んでないなんて、まるでうそ。姉の死は間違いなく原発事故のせいだ」
福島県南相馬市鹿島区の仮設住宅。江井富美さん(71)が声を震わせた。
同市小高区で独り暮らしをしていた姉=享年(75)=は、震災発生から二週間後に自宅で病死しているのが見つかった。

福島第一原発から約十五キロ。昨年三月十二日に避難指示が出され、この日には親戚が電話で姉の無事を確認していた。
「市内のあちこちで断水していたが、近所でお水をもらっているようだった。偶然電話がつながったのはその日だけ。その後は連絡が取れなくなった。どこかに避難してくれていたらと願っていたのに…」

心配した親族が市に問い合わせ、二十五日に警察や市職員とともに自宅を訪ねると、玄関近くに倒れて死亡していた。
「近くに『水をください』というメモがあったと聞いた。立ち会った親族によると、発見の数日前の日付だった」

続きは「原発事故で死んでない論」は許されない (東京新聞)

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.