Skip to content


民意を捏造 原発推進、もたれ合い体質に厳しい批判 via Yomiuri Online

九州電力の原子力事業は、作られた世論で進められていた。やらせメール問題などを調査した九電の第三者委員会が30日にまとめた最終報告書。国内初のプルサーマル発電計画を巡る2005年の公開討論会に佐賀県と九電の「やらせ」の原型を見いだし、両者の関係を「不透明」と断じた。原発の立地自治体トップの意向をくみ、「露骨な仕込み質問」などで民意を捏造ねつぞうした電力会社。住民への背信行為とも言えるもたれ合い体質が、厳しい批判にさらされた。

東京都内で行われた第三者委の記者会見。集まった100人以上の報道陣を前に、郷原信郎委員長は「仕込み質問で(公開討論会の)会場の世論を作り上げた」と切り出した。

続きは 民意を捏造 原発推進、もたれ合い体質に厳しい批判

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.