Skip to content


菅前首相ら聴取も可能=原発事故調、強い権限 via asahi.com

2011年9月30日21時6分

東京電力福島第1原発事故の原因究明に当たる事故調査委員会の設置法が30日、成立した。調査委は10月中旬にも召集される次期臨時国会で、国会内に設 置される。菅直人前首相や東京電力幹部ら関係者の参考人招致を行うことができるなど、国政調査権に基づく強い権限を持っているのが特徴だ。

調査委は民間有識者10人で構成し、審議は原則公開される。参考人招致のほか、東電など関係団体や行政機関に対し、資料の提出を要求することができる。 相手が拒否した場合は、衆参の国会議員各10人でつくる上部機関の「両院合同協議会」に対し、国政調査権に基づく証人喚問や資料提出を要請することも可能 だ。

続きは菅前首相ら聴取も可能=原発事故調、強い権限

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.