Skip to content


原発抗議で俳優山本太郎さん告発 佐賀県庁侵入容疑 via 47 News

佐賀県の玄海原発2、3号機の再稼働をめぐり、佐賀県庁に侵入し抗議活動したとして建造物侵入などの疑いで、俳優の山本太郎さん(36)ら数人を京都市の行政書士の男性(27)が告発、佐賀地検が受理したことが21日、地検などへの取材で分かった。

山本さんらは7月11日午後、反原発団体のメンバーら約150人と佐賀県庁を訪れ、「人の命を犠牲にする電力なら使いたくない」と再稼働への抗議活動を展開。県庁内に入って古川康知事との面会を求めたが、会えないまま職員に請願書を手渡し立ち去った。

告発状では「バリケードを乗り越えるなどして県庁に入っている」などと指摘。

原発抗議で俳優山本太郎さん告発 佐賀県庁侵入容疑

◇ 関連記事:

原発抗議で俳優山本太郎さん告発 佐賀県庁侵入容疑 via 東京新聞

山本太郎を告発「表現の自由から著しく逸脱」via Sanspo.com

山本太郎、佐賀県庁侵入容疑で告発される!「何があっても覚悟している」収入は以前の10分の1…覚悟の闘い via シネマトゥデイ

 

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Norma Field says

    この件の報道からは基本的なことがわかりません。なぜ京都市の行政書士が告発できたのか。行政書士という職務、年齢、と性別がさかんに公表されていますが、職務と告発が関係あるのでしょうか。彼はこの際「法律原告適格,訴訟当事者適格」なのでしょうか。

    全く別の次元ですが、県庁側がこうした手続きをとろうとしなかったのに、わざわざ…なんですね。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.