読売新聞が社説で堂々と「核武装のための原発推進」論を展開 via Blogos

予想通り、鉢呂経産相が「原発ゼロ」にはじめて言及したことに危機感を覚えた読売新聞が、反撃を始めました。

日本の原発の父」正力松太郎が社主だった新聞ですから、そのこと自体は驚くには値しません。

(中略)

「日本は原子力の平和利用を通じて核拡散防止条約(NPT)体制の強化に努め、核兵器の材料になり得るプルトニウムの利用が認められている。こうした現状が、外交的には、潜在的な核抑止力として機能していることも事実だ。」

と書いているのです!!

『潜在的な核抑止力』とは、『核兵器の材料となり得るプルトニウム』を持っていることで、核兵器をいつでも作ることが出来るのだぞと他国を威嚇することが出来る、あるいはすでにしているのだ、だから原発を維持するべきだと言うことなのです。

続きは読売新聞が社説で堂々と「核武装のための原発推進」論を展開

◇ 関連記事:

私も原子力について本当の事を言うぞ via 日経ビジネスonline

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

2 Responses to 読売新聞が社説で堂々と「核武装のための原発推進」論を展開 via Blogos

  1. Pingback: The Atomic Age » 私も原子力について本当の事を言うぞ via 日経ビジネスonline

Leave a Reply

Your email address will not be published.