Skip to content


放射性物質を懸念、37%が「影響ある産地で買わない」via business media 誠

福島第1原発の事故後、食品を購入するときに放射性物質を気にしている人はどのくらいいるのだろうか。原発事故後、影響があると考える地域の食品を「買わない」という人は37.0%であることが分かった。日本政策金融公庫調べ。

福島第1原発の事故後、食品を購入するときに放射性物質を気にしている人はどのくらいいるのだろうか。原発事故後、影響があると考える地域の食品を 「買わない」という人は37.0%で、「買う(気にならないを含む)」の28.2%を上回っていることが、日本政策金融公庫の調査で分かった。事故の影響があると考える地域の生産物を買わないという人を地域別にみると、西日本(33.2%)よりも東日本(39.4%)の方が多い。この結 果について、日本政策金融公庫は「原発事故の影響があると考える地域の生産物の購入機会が多く、選択を迫られる場面が多いことから関心が高くなっていると 思われる」と分析した。

続きは放射性物質を懸念、37%が「影響ある産地で買わない」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.