Skip to content


2011/9/1 CNIC ゲスト 報道写真家 樋口健二氏 原発被ばく労働について via 原子力資料情報室

2011/9/1 CNIC ゲスト 報道写真家 樋口健二氏 原発被ばく労働について 樋口健二氏
報道写真家。1937年長野県富士見町松目生まれ。日本写真芸術専門学校副校長、日本写真家協会会員、世界核写真家ギルド会員。日本広告写真家協会学術会員。
四日市ぜんそくをはじめとする公害や原子力発電所における被曝労働などの取材を慣行。日本や世界の原発を撮り続け、世界的にも高い評価を受けている原発取 材の第一人者。2001年に核廃絶のNGO「ワールド・ウラニウム・ヒアリング」(本部・ドイツ)創設の「核のない未来賞」の教育部門賞を日本人として初 受賞。著書に『樋口健二報道写真集成―日本列島’66-’05』(こぶし書房)『闇に消される原発被曝者』(八月書館)『これが原発だ カメラがとらえた 被曝者』(岩波ジュニア新書)ほか著書多数。
最新写真集:『原発崩壊』(合同出版、2800円)

『30年目の真実、死亡扱いされていた原発親方』(『原子力資料情報室通信』第423号(2009/9/1))
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=843

togetter http://togetter.com/li/182143

樋口健二氏講演会情報等 blog
http://ameblo.jp/higuchi-godo/
9月4日(日)13:30~16:30「樋口健二さん・長谷川健一さん講演会」 場所:中央区立日本橋公会堂

9月11日(日)14:00~16:30「隠された被曝労働」井戸端教養ゼミ原発社会を知ろう 場所:中川文化センター視聴覚室*長野県上伊那郡

ペン&ぺん:被ばく労働の闇 /福岡 – 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110808ddlk40070236000c.html

講演会:原発事故の怖さ、課題を考える 樋口さん、下請け労働者の思い代弁 /和歌山
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20110828ddlk30040219000c.html

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.