エネ庁が原発記事監視 4年で1億3000万円 via 東京新聞

2011年7月23日 07時06分

経済産業省資源エネルギー庁が原発に関するメディア情報を監視してきたことが、本紙の調べで分かった。本年度発注分を含めると、外部委託費の総額は四年間に約一億三千万円に上る。昨年度までは、いずれも電力会社役員らが理事を務める財団法人が受注していた。

同庁の資料などによると、昨年度までの三年間は「電源立地推進調整等事業(即応型情報提供事業)」として、新聞や雑誌の記事を監視する事業を年約一千万~約二千四百万円で外部委託していた。

委託先は、東京電力の勝俣恒久会長が非常勤の理事を務める「日本科学技術振興財団」や、経産省原子力安全・保安院のOBや元原子力安全委員会委員長らが役員になっている「エネルギー総合工学研究所」といった財団法人ばかりだった。

続きはエネ庁が原発記事監視 4年で1億3000万円

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

7 Responses to エネ庁が原発記事監視 4年で1億3000万円 via 東京新聞

  1. Pingback: The Atomic Age » エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 via 東京新聞

  2. Pingback: The Atomic Age » エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 via 東京新聞

  3. Pingback: The Atomic Age » エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 via 東京新聞

  4. Pingback: The Atomic Age » New Japan Law ‘Cleanses’ Bad Nuclear News via UK Progressive

Leave a Reply

Your email address will not be published.