Skip to content


22年前に製作された福島第一原発に問題提起した映画が公開『あしたが消える-どうして原発?-』via シネマトゥデイ

[シネマトゥデイ映画ニュース] 19日、原子力発電所の危険性を訴えるため、1989年に制作された、福島第一原子力発電所を追うドキュメンタ リー映画『あしたが消える-どうして原発?-』の試写会が渋谷のユーロスペースで行われ、プロデューサーの平形則安、溝上潔、監督の千葉茂樹、監修の西尾 漠ら当時のスタッフがトークショーを開催。原発反対への熱い思いを語った。チェルノブイリ原子力発電所事故から3年、人々がまだ原発に対して大きな疑念を抱いていた1989年に制作された本作。平形は、当時から今と同じ く、原発が日本の使用電力の20数パーセントを占めていたことを危惧(きぐ)していたといい、「もし日本で事故が起きていたら、明日が消えてしまうのでは ないかと思い(本作を)作りました。非情に残念ながら、今回の事故で、事故以前の日常は消えてしまいました」とタイトルに込めた思いを説明。原発事故によ り制作から22年経った今、本作が改めて上映されることには「映画1本の力がどれほどある、というわけではないですが、22年前は力が及ばず、無力感にさ いなまされています」と複雑な思いを明かした。

続きは22年前に製作された福島第一原発に問題提起した映画が公開『あしたが消える-どうして原発?-』

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.