Skip to content


今を生きる 揺れる母親たち(27) 自分に向ける矛先 via 福島民放

カレンダーを見ながら夏休みを待ちわびる佐久間さん親子

「子どものために避難しないのは親じゃない」。郡山市の公務員佐久間恵子さん(34)=仮名=は、避難をためらう母親が責められたといううわさを聞き、動揺を隠せなかった。
一度は避難を考えたが、仕事や家族の事情であきらめた。自分も陰ではそんなふうに見られているのではないだろうか。そう考えると、周囲の視線を冷たく感じる。
働きながら小学3年の長男と保育園に通う5歳の長女を育てている。仕事を終えると真っすぐに帰宅し、子どもの元へ駆け寄る。
本当は一日中見守っていたい。できないつらさが胸を締め付け、マイホームを手放し仕事を辞めて夫の実家がある会津地方に移る決心をした。
子どもが通う小学校と幼稚園を決め、転入手続きも済ませた。しかし、実家から良い返事をもらえなかった。

続きは今を生きる 揺れる母親たち(27) 自分に向ける矛先

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.