Skip to content


汚染水凍結へ氷作戦、手作業で投入…福島第一 via Yomiuri Online

東京電力福島第一原子力発電所で、トンネルにたまった高濃度汚染水を凍らせようと、氷の大量投入が行われている。

(略)

 汚染水は、タービン建屋から港湾へと延びる「配管用トンネル」(幅、高さとも約5メートル)に約1万1000トンたまっており、海への流出が心配される。これを抜き取るには、建屋との接続部を凍らせて塞ぎ、建屋側から新たに汚染水が流入するのを防ぐ必要がある。

 2号機タービン建屋との接続部では、トンネルに上から管を差し 込み、4月から零下40度の冷却材を流している。管をセメント入りの袋で囲み、汚染水から熱を奪いやすいように工夫。約2か月で凍り、6月末から汚染水を 回収できるはずだった。ところが、今も汚染水は一部が凍らなかったり、一度凍ってもまた解けたりと不安定で、止水にはほど遠い。水温が15度近い部分もあ る。

全文は汚染水凍結へ氷作戦、手作業で投入…福島第一

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.