Skip to content


タンク2カ所で高線量、新たに漏洩か 福島第1原発 via msn.産経ニュース

東京電力は11日、福島第1原発の「H2南」「H5」と呼ばれる2カ所の地上タンク群で周辺よりも高い放射線量を計測したと発表した。計測値が最大 の場所でベータ線が毎時29・8ミリシーベルト、ガンマ線が毎時0・5ミリシーベルトだった。H5ではタンク側面に水滴の跡が見つかった。

高線量が計測されたタンクは鋼板をボルトでつなぎ合わせた「フランジ式」と呼ばれる簡易製で、巡回パトロールで発見された。

(略)

ベータ線は透過力が弱く、薄いアルミ箔(はく)でも遮蔽できる。ガンマ線は放射性セシウムなどから出て、ベータ線よりも人体に影響を及ぼしやすい。

全文はタンク2カ所で高線量、新たに漏洩か 福島第1原発

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.