Skip to content


千葉県観光業 東電賠償対象除外に憤り via スポニチ

東京電力は、福島第1原発事故に伴う損害賠償の請求を今月から受け付け、10月中にも支払いを始める。賠償基準は、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が8月5日に「中間指針」として公表した。この対象から漏れた被害者は多く、不安や怒りを訴える人が相次いでいる。

観光業の賠償対象は福島、茨城、栃木、群馬の4県。これに猛反発しているのが千葉県内の業者だ。

勝浦市の民宿の店主(61)は 「茨城と同様に海水浴客が激減した。茨城のすぐ下に位置して同じ海水が流れているのに、なぜ千葉が外れたのか」と憤る。市によると、市内6カ所の海水浴場 の客数(今年7月16日~8月21日)は16万3975人。昨年の30万9078人の約半数に落ち込んだ。

続きは千葉県観光業 東電賠償対象除外に憤り

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.