Skip to content


ナンバーワン企業弁護士を激怒させた『東電救済法案』via 現代ビジネス

久保利英明「私はなぜ東電と本気で闘うことを決めたのか」

(抜粋)

福島第一原子力発電所事故後の東電のあり方を巡る議論で、久保利氏が真っ先に疑問に感じたのは「なぜ法的整理をしないのか」という点だった。

与野党の議員に対し、法案をまとめた官僚たちは、法的整理をすると「被害者への迅速・適切な賠償ができない」「電力の安定供給ができなくなる」と いった説明を繰り返していた。若いころから倒産法に通じ、多くの企業の破綻処理に携わった経験を持つ久保利氏から見れば、「まったくの嘘」がまかり通って いたのだ。

「会社更生法は柔軟な法律で、裁判所さえ認めればかなり自由にできる。要はスキームの作り方次第。被害者への損害賠償が滞ることなどあり得ないし、電力供給が止まることなど考えられない」ところが、永田町も霞が関も「東電を生かせ」のオンパレード。法案の骨子は、大手銀行が作ったとされるスキームに経済産業省が乗っかり、海江田万里・経済産業大臣(当時)が主導する「東電救済まずありき」の法案となった。

全文はナンバーワン企業弁護士を激怒させた『東電救済法案』

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Advokat København says

    I’m having trouble translating this to swedish, or maybe G translate is down at the moment. I’ll try again later.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.