Skip to content


2/25 Mさん証人尋問傍聴と報告集会へ!!via 福島第一原発過労死責任を追及する会

イチエフ過労死事件・賃金未払い裁判猪狩さんの同僚Mさんが証言に立つ!!裁判傍聴・報告集会へ!!

2月25日は、猪狩忠昭さんが亡くなった当日も一緒に現場で働いていたMさんの証人尋問が行われます。いわきオール(株)は猪狩さんの死が「長時間労働による過労が原因」と労基署に認定され是正指導を受けてもなお、「残業はなかった」「納品・納車、ミーティング、防護服の着用に至るまでいずれも労働時間ではない」として残業代の適正な支払いを拒否しています。その姿勢は裁判のなかでも変わりません。Mさん証人尋問は、いわきオールの主張を打ち崩す大事な局面になります。また、証人尋問が終われば、結審-判決へと進むことも充分に考えられます。傍聴席を満員にして、Mさんの証言を見守りましょう!!そして勝利判決を勝ち取りましょう!!損害賠償裁判ともども更なるご支援を訴えます!!

2月25日(火)福島地方裁判所いわき支部(いわき市平字八幡小路41 TEL:0246-22-1321)12:30~アピール行動(裁判所前集合)13:30~証人尋問傍聴■裁判報告集会(同日)■15:00~いわき市労働福祉会館(中会議室)(いわき市平堂ノ前22 TEL:0246-24-2511)

原文

3/1 「福島の現在を聴く-猪狩忠昭さんのご家族をお招きして」への参加のお誘い

 たま歴史苦楽部と一橋大学大学院社会学研究科の共催で以下の集会が開かれます。
たま歴史苦楽部の方々は、毎年いわきや双葉郡を訪れ、避難を強いられた富岡町住民らとの交流を継続されてきた方々です。東京近郊にお住まいの方はぜひご参加ください。

「福島の現在を聴く-猪狩忠昭さんのご家族をお招きして-」
日時:2020年3月1日(日) 午後2時~4時30分(1時30分会場)

お話:猪狩忠昭さんのご家族(いわき自由労働組合の牧野さんにも状況報告していただきます)

場所:一橋大学第3研究館3階307研究会議室(東キャンパス)
(JR中央線国立駅南口から徒歩15分)

資料代:500円

主催:たま歴史苦楽部
共催:一橋大学 大学院社会学研究科

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.