Skip to content


実録「ラジエーションハウス」ドラマ以上に壮絶な医療現場の実態via FNN Prime

ドラマで話題の「ラジエーションハウス」そのリアルとは

月曜9時に放送していたドラマ「ラジエーションハウス」。ラジエーションとは放射線を意味し、ハウスが付くことで放射線科となる。
これまで注目されることのなかった『放射線技師』を主人公としたことで注目が高まっている。
しかしドラマの中ではなく、実際の現場を知っている人は少ないのではないだろう。では「ラジエーションハウス」の現場はどうなっているのか。

今回取材するのは米子市の鳥取大学医学部附属病院の「ラジエーションハウス」だ。
CT・MRIで患者を撮影するのが ドラマの主人公になっている「放射線技師」。

[…]

多忙の原因は成り手の少なさ

こうした現状に鳥取大学医学付属病院放射線部長は

鳥取大学医学付属病院放射線部藤井進也 部長:
放射線科を目指す学生の数は少ないのが現状です。日本全体の放射線科医の数も少ないし、 山陰地方も十分ではないです。

日本は画像を撮影するCTやMRI保有台数は世界1位だ。
しかし、人口に占める放射線科医の人数はアメリカの4分の1である
ため医師ひとりに大きな負担がかかっているのが実情である。

[…]

多忙を極める放射線科に密着

今回そんな多忙を極める放射線医師と放射線技師に密着した。午前9時からIVRの手術だ。
『放射線技師』の仕事は撮影するだけではない。
IVRとは画像を見ながら体内に細い管・カテーテルを挿入する治療で体への負荷が小さい最新医療だ。
鳥取大学では年間約1000件をこなし全国でも有数の医療実績を誇っている。

[…]

画像と全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.