Skip to content


震災直後に妊娠・出産 福島の妊婦、放射線への不安強く via 朝日新聞

奥村輝

原発事故後に始めた福島県の県民健康調査の妊産婦調査について、県は今年度、2011年度に妊娠・出産した母親に2回目の追跡調査をすると決めた。放射線に対する不安が、13年度以降に妊娠・出産した女性よりも高く、8日の検討委員会で認められた。

11年度から始まった妊産婦調査では、母親の心の健康度や子どもの状態を調べ、すでに新生児の異常に原発事故の影響がないことは発表している。

ただ、調査を受託する県立医大によると、出産4年後の母親の心理状態を調べる追跡調査では、11年度に妊娠・出産した女性は自由記述を分類すると、放射線への心配が1位と不安が強く、うつ傾向の人も25・6%と多かった。震災時の影響が懸念されるという。

一方、13年度以降に出産した人は放射線への不安は3位と下がり、うつ傾向の割合も減っているため、県は11年度に妊娠・出産をした女性をより長期的に調査し、電話相談などの支援をするため、2回目の追跡調査をすると決めた。

(略)

 これを受け、今年度予定していた15年度の妊産婦の追跡調査は見送る。検討委は今年度の実績をみて、今後の妊産婦調査のあり方を再検討する。

全文は震災直後に妊娠・出産 福島の妊婦、放射線への不安強く

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    「新生児の異常に原発事故の影響がない」と断言する「科学的」根拠が知りたいです。新しい調査が見送られ、全てはストレスのためと精神的な問題のみに帰結される。そして、こうした発表には、「科学的でない」とか「科学とは」みたいな蘊蓄を語る人たちが何も物申さないのも不思議なことです。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.