Skip to content


原発避難者をひとりも路頭に迷わせない!原発避難者の住宅と人権保障を求める共同行動 via ひだんれん

原発避難者の住宅と人権保障を求める共同アピール

「避難の権利」を求める全国避難者の会

原発事故被害者団体連絡会

 

福島第一原発事故は、あと4カ月余で9年目を迎えようとしています。事故は未だ収束には程遠く、7万を超える人々がふるさとを追われて全国各地で避難生活を余儀なくされています。

このような状況の下で、政府と福島県は2017年3月、避難指示区域外からの避難者1万2539世帯に対する住宅無償提供を打ち切りました。それだけでなく2019年3月には南相馬市など5市町村の避難指示解除区域の2389世帯、さらに2020年3月には浪江町、富岡町、飯舘村、葛尾村の帰還困難区域の3298世帯に対する住宅提供をも打ち切ることを決定したとして、8月27日に内堀雅雄福島県知事がこれを発表しました。合わせて1万8226世帯、約4万6000人の住宅提供が打ち切られることになります。

筆舌に尽くし難い辛苦に耐えている人々の生存の基盤である住宅を奪うことを、私たちは認めるわけにはいきません。原発事故を起こした責任のある国と東京電力、県民の命と暮らしを守る責任を負う福島県に対し、この決定を取り消し、避難者の人権を回復し保障する緊急措置として以下の8項目を要求します。

<緊急要求>

1.区域外をはじめとする全ての避難者の生活実態調査と包括的な支援策の実施

2.浪江町、富岡町、飯舘村、葛尾村の帰還困難区域の応急仮設住宅の無償提供継続

3.南相馬市、浪江町、楢葉町、川俣町、葛尾村、飯舘村の避難指示解除区域の応急仮設住宅の無償提供継続

4.避難指示区域外避難者に対する応急仮設住宅打ち切り撤回と無償提供の継続・再開及び福島県内外の新規避難希望者に対する避難用住宅の無償提供実施

5.国家公務員住宅等に居住する区域外避難者の公営住宅への入居確保、及び安定した住まいが確保されるまでの入居

6.区域外避難者2,000世帯への民間賃貸住宅家賃補助の継続

7.避難者に対する立ち退き訴訟や調停の国・福島県の責任による解決

8.「子ども・被災者支援法」に基づく支援対象避難者の公営住宅入居の優先・特例措置の継続及び同法の支援対象地域の維持

<緊急要求1.4.について>

昨年3月の住宅提供打ち切りによって、避難者が経済的、精神的に追い詰められ、路頭に迷い、自ら命を絶つという悲劇さえ起きていることが多々報告され、各地の集団訴訟の法廷でも次々と明らかにされています。これらの実態を把握することもなく、避難者の声を聴くこともなく、議会の論議も経ずに「密室」で決定された今回の措置は、何ら正当性を持つものではありません。私たちはまず、住宅打ち切りによって生じている事態を国・福島県が責任を持って調査・把握し、それに基づく包括的な支援策を早急に実施すると同時に、その根源である打ち切りの撤回と無償提供の再開を求めます。

<緊急要求2.について>

富岡町、浪江町などの3,298世帯に対する打ち切りは、論外です。内堀知事は「早く自立の道を見つけてもらうため」と言っていますが、あと1年半足らずの間に、どうやって自立できるというのでしょう。半減期30年のセシウムは1ミリシーベルト以下に下がりますか。荒れ果てた田畑や家は修復できますか。生業は戻りますか。ふるさとに帰れないことが明らかな避難者に、住まいの保障を切っておいて「自立」を迫るやり方は、非道という以外に言葉が見つかりません。直ちに撤回を求めます。

<緊急要求3.について>

南相馬市など6市町村の避難指示解除区域からの避難者2,389世帯に対する打ち切りは、賠償の打ち切りと連動する「帰還強要」と言わざるを得ません。原子力緊急事態は解除されず、廃炉の見通しも立たず、山や林や田畑は放射能に汚染されたまま。汚染廃棄物を入れたフレコンバッグが野積みにされたままで、いたるところに高線量のホットスポットが残っています。破壊されたコミュニティーと生活環境の回復の道は遠く、若者や子供の姿はなく、20%にも満たない帰還率がそれを証明しています。

福島県県民健康調査による子供の甲状腺がんは、既に210人を超えています。放射性物質の拡散・沈着による健康被害は、「不安」の域を遥かに超えていると言えます。

<緊急要求5.6.について>

2017年の打ち切りにあたって、福島県は民間賃貸住宅入居者に対する2年間の家賃補助と、「セーフティネット」と称する国家公務員住宅への入居策を講じましたが、いずれも来年3月限りで打ち切るとしています。「2年間で自立してもらうのが前提」と言いますが、それは避難者のその後の実情とかけ離れた県当局の「願望」に過ぎなかったことは明らかです。避難生活が解消できない以上、家賃補助の打ち切りは直ちに生活の困窮に直結します。次の住宅確保の手立てが保障されないままでの「セーフティネット」の打ち切りは、「追い出し」に他なりません。公営住宅への入居確保など住まいの安定した保障がなされるまで継続されることを求めます。

<緊急要求7.8.について>

住宅提供打ち切りによって行き場を失った避難者に退去を強要する「追い立て訴訟」や調停は、国と福島県の責任において避難者に何らの負担を負わせることなく早急に解決されるべきです。また、「子ども・被災者支援法」の支援対象地域の縮小などによって、避難者をさらに追い詰めることは断じて認められません。

<最後に>

原発事故発生から9年目を迎えようとするいま、改めて思い起こされなければならないのは、苦難の生活を強いられている被害者・避難者には何の罪科もないということです。事故は、危険を知りながら対策を怠ってきた国と東電による人災であるということです。その責任の所在は民事、刑事訴訟の法廷でも次々と明らかにされています。

政府と東京電力、福島県がいま取るべき道は、日本国憲法の基本的人権尊重の基本に立ち返ることであり、避難・居住・帰還のいずれを選択した場合にも国が住宅等を保障する責務を負うと明記した「子ども・被災者支援法」の規定を実施することです。一般人の放射線被ばく限度に対する国際基準、関連する国内法等を守り、放射能汚染地域への帰還強要を止めることです。そして国際人権規約、「国内強制移動に関するに指導原則」に従い、破壊されたすべての被害者・避難者の生活再建を一刻も早く成し遂げ、奪われた人権を回復させることです。

私たち被害者団体は以上の観点から、福島県と政府に対し、今回の措置を直ちに撤回し、原発事故被害の現実を直視し、被害者・避難者の人権と生活の基盤である住宅を保障することを改めて強く要求します。

【呼びかけ団体】

避難の権利を求める全国避難者の会  宇野朗子・中手聖一

原発被害糾弾 飯舘村民救済申立団  長谷川健一

福島原発かながわ訴訟原告団  村田弘・山田俊子

福島原発告訴団  武藤類子・佐藤和良

福島原発被害山木屋原告団  菅野清一

川内村原発事故被災者生活再建の会  志田篤

南相馬・避難勧奨地域の会  小澤洋一

子ども脱被ばく裁判の会  片岡輝美・今野寿美雄

原発賠償京都訴訟原告団  萩原ゆきみ・堀江みゆき・福島敦子

福島原発おかやま訴訟原告団  大塚愛

蕨平地区申立の会  志賀三男

飯舘、川俣、浪江、原発訴訟原告団  岡本易

福島原発被災者フォーラム 山形・福島  武田徹

福島原発事故ひょうご訴訟原告団  橋本洋一

キビタキの会  小島ヤス子

原発避難住宅裁判を準備する会  熊本美彌子

みやぎ原発損害賠償原告団  石井優

原発さえなければ裁判原告団  保田行雄

★賛同団体・賛同者一覧は以下をご覧下さい。

【賛同団体】96団体11/27現在・順不同)【賛同者】678 名(11/27現在・順不同)

 

 

原文

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. 天下布慈 says

    あなた方が解っていないのは、戦争とは金の陰謀だという事です。中央銀行がロスチャイルドの手に堕ちていない国は、戦争を仕掛けられ支配されているのです。

    金の陰謀によって、イギリスのロスチャイルドの息子が影響力を持つようになりそれがイギリス銀行になりました。
    フランス銀行、イタリア銀行、オーストリア銀行、ドイツ銀行、
    これらはこの国々の貨幣を印刷する中央銀行でした。
    これらが今、ある一族の手の中にあるのです。
    この一族は正しい事をするつもりであちこちに広がったのではなく
    人々を操り世界の国々の運命を支配する意図をもっていたのです。
    (ロスチャイルドはドイツのフランクフルトから発祥しました。)
    ヨーロッパでは多くの戦争がありました。
    ロスチャイルド家は両陣営に融資しました。
    あなた方が解っていないのは、戦争とは金の陰謀だという事です。
    この動画で名前が出たのはロスチャイルド家だけでしたが
    FRBの株主は1914年の時点ではこの人達でした。
    ロスチャイルド一族、ロックフェラー一族、
    ウォーバーグ家、ゴールドマンサックス
    ラザール、フレール(パリ)
    イスラエル・セイフ(イタリア)
    クーン・ローブ商会(ドイツ)その他
    現在FRBの株主は完全非公開になっていますが
    彼らが株を手放していなければ今もこれは変わらないでしょう。
    そして問題点ですが、お金はまずFRBが発行し
    それを「普通の銀行」や「政府」に貸し付けます。
    政府はそのお金で国家運営を行いますが
    FRBからお金を貸し付けられているので
    毎年とんでもない額の利子をFRBに返済しています。
    そしてそれは当然国民の税金から支払っており
    もしドルを国が発行し余計な利子を払う必要がなくなれば
    アメリカの国民は税金の40%を払う必要が無いとも言われています。
    これらの件は大学の教授でも知らない方は多いですが
    一部の気付いた市民は激怒しています。(ブチ切れています。)
    因みに、日本の中央銀行「日銀」はジャスダックに上場していますが
    その株の所有者は非公開です。
    これも社会科の先生ですらほとんど知らない事でしょう。
    当然この仕組みはFRBの株主達にとんでもない富をもたらしており
    1974年にロックフェラー家の一人
    ネルソン・ロックフェラーが公開した資産は
    なんと6400憶ドル(約70兆円)でした。
    そしてその後も彼らは世界中の中央銀行を彼らの支配下に置いていきました。
    いったいどうやって?
    2000年当時、世界で中央銀行が無い、あるいは、中央銀行が
    彼らの支配下に置かれていない国は、この9つでした。
    アフガニスタン、イラク、リビア、スーダン、シリア、イラン、パキスタン、北朝鮮、キューバ
    まず、
    イラクは大量破壊兵器を持っているとイラク戦争を起こされましたが
    イラクは大量破壊兵器は持っていなかったのです。
    イラク市民は「フセイン時代は平和で安定していて良かった」と言っています。
    リビアもアメリカ(NATO)の軍事介入で、最高指導者カダフィが殺害されます。
    非人道的な独裁者だと宣伝されたカダフィでしたが、
    リビアは教育は大学まで無料。
    健康保険も無料。
    職に就けない者には住宅を提供していた、という人道的な国家であり
    カダフィはアフリカの英雄でした。
    そして、これらの国の中央銀行は、ロスチャイルド家の支配下になったのです。
    更に、スーダン、パキスタンも支配され、
    残るは、シリア、イラン、北朝鮮、キューバ、となっているのです。
    イランはアメリカが核合意から離脱する等、これから揉める気満々で
    北朝鮮、キューバは落ち着いたように見えますが予断を許さない状況です。
    YouTube:syriangirlFAN
    「新世界秩序がなぜシリアが嫌いで、今攻めてる最中なのか話すわ。
    新世界秩序は全ての国をひとつの権威で治める計画よ。
    背後にいるのは誰なのかについて色々な説があるけど
    よく見ている人なら新世界秩序=NWOが最終目標だって気付くわ。
    理由1:シリアの中央銀行は国有である。
    いつも抵抗してきたシリアはNWO反対の第一線よ。
    シリアが抵抗する方法の一つはロスチャイルド中央銀行が無い事。
    ロスチャイルド家に買われた中央銀行の事ね。
    (ロスチャイルド家は)世界で一番お金持ちで権威ある一族のひとつ。
    そういった銀行は国際決済銀行の支配下にあって
    国内の通貨の価値や国の負債の量を決めるの。
    NATOがリビアを征服して最初にした事は
    リビア中央銀行をロスチャイルド系に替えた事なの。」
    このように中央銀行がロスチャイルドの手に堕ちていない国は、
    戦争を仕掛けられ支配されているのです。
    もちろん中央銀行だけで無く石油の為などもありますが、
    それも含めて「お金」の為に戦争をしているのです。
    又、911に関しても、戦争をする為のアメリカの自作自演だったという事が判明しています。
    59分位からhttps://www.youtube.com/watch?v=U7qJPfTlpu4&t=2930s

    ロスチャイルドの犯罪とは、戦争がかれらの最も収益性の高い事業である事なのだ。

    ロスチャイルド一族はスイスのバーゼルのバビロンBISタワーに本社を置いている。
    制御機構を持つロスチャイルドの保有する債務は、はるかに銀行帝国の債務を超えている。
    ロスチャイルドの犯罪とは、戦争がかれらの最も収益性の高い事業である事なのだ。
    国や個人が法人となり、世界は3つの独立した主権から支配され、
    借金を作成する前に、まず借金を作成する必要があるとロスチャイルドは述べているのだ。

    ロスチャイルドは繁殖を通じて、王族と貴族に浸透している。

    ロスチャイルド家は彼の名前をロスチャイルドに変えた
    メイヤー・アムシェル・バウアー(フランクフルト在住していた)の子孫です。

    彼は、ロンドン、パリ、フランクフルト、ウイーン、ナポリに店舗を構える
    5人の息子を派遣して国際的な銀行業を確立した。

    間違いなく地球上で最も強力な血統であり
    彼らの推定富は500兆ドルを超えている。

    ロスチャイルドは金融システム全体の所有者である。

    この驚くべき制御範囲は次のように機能する。

    ロスチャイルドは、ピラミッド構造の組織の頂点に位置し

    文字通り約8千人の選ばれたメンバーで金融世界全体を運営している。

    ロスチャイルドは、彼の究極の力をサウド家とソロス家と共有し

    より低いレベルで他の銀行家と共有するかもしれない。

    ロスチャイルドは世界の金融機関を設立し

    大衆が支払った利子の90%を文字通り確実に受け取るようにしているのだ。

    これらの犯罪者はルシフェリア人だが

    表面上は公共消費を容易にする為に宗教シオニズムと呼ばれている。

    事実、彼らはルシファーを崇拝している。

    これには、小児性愛や子供の犠牲を含む悪魔的な儀式の虐待が含まれている。

    権力構造の第二階層に、1931年にオランダで設立されたロスチャイルドが完全に所有するBIS国際決済銀行があります。

    スイスのバーゼルに本社を置き、全ての国で、世界の全ての金融機関のトップ銀行として認められている。

    全ての中央銀行はBIS銀行のメンバーである。

    彼らは、完全な免責の為の市民組織の合意を持ち、世俗的な全ての法律と規則から免責を享受している為に

    誰も彼らを攻撃する事が出来ません。

    バビロンスタイルのBISタワーのあるバーゼルは、第二次世界大戦中にナチスが出会った場所で、盗まれたユダヤの金を

    取引していた。

    BISは、世界中の他の全ての金融機関に指示を発行する。

    3番目の階層では、BISの直ぐ下にロスチャイルド所有のIMF(国際通貨基金)と世界銀行がある。

    IRS及び他の国の同様の徴税機関はIMFの外国の民間企業として構成されており

    連邦準備制度(FRB)及びその他全ての中央銀行の民間「軍隊」を形成している。

    主な目的は、人々が税金を支払い常に有用な奴隷のままである事を確認する事である。

    彼らの唯一の献身は、国全体と彼らの民衆を彼らの刑事債務マネーシステムを通して奴隷化する事である。

    借金は彼らの支配メカニズムなのである。

    意図的に国に借金をさせる操作をした後、国を救済し、その後最大の借金のレベルを計算する事で

    彼らを助けるふりをする事によって、彼らは奴隷制を維持する為に借金が返済されない事を確認する。

    これにより、これらの国は奴隷労働を通じて返済され、更に、全ての資源を略奪する為、これらの国に対する

    彼ら(ロスチャイルド)の支配力が強化されるのだ。

    彼らは、子供の性的人身売買、臓器採取、小児性愛等の様々な活動を通じてこれらの国の首長を脅迫し、全ての国が

    金融システムの絶望的な奴隷として完全に統合されている事を確認しているのだ。

    地球上の全ての国に融資を提供する2つのメガバンクに世界銀行とIMFがある。

    1つ目は世界のトップバンキングファミリーが共同で所有しており、ロスチャイルドが最上位の株主であり、
    2つ目はロスチャイルドだけが個人所有している。

    これら2つのメガバンクは「開発途上国」に融資を提供し、ほとんど返済不可能な利益を活用して
    土地、鉱物資源、貴金属などの本当の富を手に入れているのだ。

    以下で説明する4番目の階層は、ほぼ全てがロスチャイルド家によって所有されている世界の中央銀行である。

    ほんの数例の列挙だが、
    ロンドン市のイングランド中央銀行
    ローマのバチカン銀行
    ワシントンDCの連邦準備銀行
    及び
    欧州中央銀行(フランクフルトam/MのECB)
    である。

    ロンドンの中央銀行は金の価格を毎日操作しているのだ。

    ロンドン市、ローマのバチカン市国、ワシントンDCは文字通り全ての人々から免責を保証する為に
    自由国家として認められている。

    その結果、確立された銀行機関の全ての従業員は、起訴と監視の影響を受けないのだ。

    彼ら(ロスチャイルド)の力は、銀行帝国をはるかに超えているのだ。

    5番目の階層は、通常の銀行と株式市場を保持している。

    これらは、金利操作を伴う債務システムの行政部門を形成している。

    ロスチャイルド家は,ナポレオンのウォータールー戦争以来、全ての戦争の背後にあった。

    1815年のウォータールーの戦いでネイサンロスチャイルドがイングランドの購入と支払いの為に

    株式市場を操作したのはその時である。

    彼は又、彼らがそれ以来ずっとしてきた戦争の両側に資金を供給する事がいかに有益であるかを発見したのだ。

    ネイサンは6500倍以上の自分自身の富の増加を見い出したのだった。

    そして、本質的に、彼は英国ブラインドを奪い彼は全てのアカウントと目的の為に

    イングランドの大部分の所有者になった。

    その時点から彼の家族は、彼らが想像した以上の富を持って、政府で影響力のあるプレーヤーになり

    彼らはその時から政治家に賄賂と支払いをする事で、政策決定を進めた。

    ロスチャイルドによるこのスキームは別の理由で歴史的に重要であるので注意が必要である。

    それは、災害をもどのように「加工」するかという事が大金銭的利益につながるかを示した。

    戦争はかれら(ロスチャイルド)の最も収益性の高いビジネスであり、ロスチャイルドの寄生虫銀行家の血統に

    とっても非常に有益である為、世界が終わりの無い戦争に絡み合っている理由でもあるのだ。

    彼らの借金が使われている限り、世界は平和を決して知る事は無い。

    ロスチャイルドとその銀行カルテルは1815年のその日以来、事実上全ての戦争の両側へ資金を提供してきた。

    政府の有給代理人が軍事及びintelligence報道機関との銃撃で開始した戦争は全て存在するかのように操作された。

    これは少なくとも数億人の命を奪った。

    WW1とWW2だけで7500万人。カバールマフィアは提供されたローンの債務返済を通じて政府と人々をコントロール出来た。

    戦争が最終的に国を荒廃させれば、カバールマフィアの銀行カルテルはその荒廃した国を再建する為により多くの金を貸し出す。

    これらの延長されたローンの利子の支払いは彼らがカバールマフィアの奴隷のままである事を保証する訳である。

    カバールマフィアは国防会社も所有している為、全ての武器を販売し、巨額の利益を蓄積し

    政府への融資を更に必要とさせる。

    これらディープステート(=カバールマフィア)が戦争を望まなければ、何も起こる事はありません。

    国と個人が企業になったこれらの残虐行為を超えて、多くの国にとって、各国と個人が外国から支配された企業になった事を知るのは衝撃であろう。

    構造が複雑過ぎて簡単に説明する事は出来ないが、これらの欺かれた企業の搾取権は

    この組織内の英国国王とバチカンによって管理されている事に注意が重要である。

    全ての米国大統領はカバールマフィアに任命されたCEOであり

    彼らのビジネスは毎年利益を分け合う英国国王とバチカンの為にお金を稼ぐ事なのである。

    世界は3つの独立した主権国家から支配されている。

    英国王室は、ロンドン市として知られる677エーカーの独立した主権国家から秘密裏に世界を支配している。

    (カナダもオーストラリアもニュージーランドもパキスタン他も英国女王が元首だ。)

    もう一つのクラウンは、ロスチャイルドによって制御されているイングランド銀行が率いる12銀行の委員会で構成されている。

    ネイサン・メイヤー・ロスチャイルドはイングランドの購入と支払いを終えた1815年に、次の声明を発表した。

    「イギリスのマネーサプライをコントロールする男が大英帝国をコントロールし私はイギリスのマネーサプライをコントロールする。」と。

    ロスチャイルド家は本当に権力のピラミッドの頂点にいる。

    彼らは、全世界の完全かつ完全な支配に向けて積極的に世界の人々を、新世界秩序に押し付けようとしている。

    彼ら(ロスチャイルド)は欧州連合、ユーロ、ECBの背後にいる。

    彼ら(ロスチャイルド)は又、北アメリカ連合とアメリカ大陸、全体の新しい通貨になる「アメロ」通貨の背後にもある。

    彼らは、CIA、MI-5、MI-6、およびモサドを含む世界の全ての秘密機関を管理している。

    一方、彼らの私軍がNATOであり、私営政府が国連なのだ。

    借金を作成する前に、まず借金を作成する必要とさせている。

    世界の全てのお金は借金に基づいている。

    借金を稼ぐ為に、最初の借金を作成する必要を作ってる。

    これは実際には借金を決済する為に、お金が支払われる為、実際のお金を借金の反対にする為、末端では矛盾である。

    実際、ロスチャイルドによって支配されている世界を除き、借金をお金として使用する事は出来ない。

    ロスチャイルドが我々のエネルギーのお金と、我々が苦労して稼いだお金を同一視している為

    我々の貴重なエネルギーから生み出されたお金を、彼らは、上記のこれらの方法で、彼らのポケットに流し込む。

    彼らの価値の全く無い借金!つまり、銀行に行きローン契約に署名すると、どこからともなくデジタル債務が作成される。

    これは、彼らが常に負債に基づいて、彼らが世界の全てのお金を作成している方法なのだ。

    従って、経済は負債により実行される。

    但し、ローンの請求利率、たとえば5%は借金/契約からは作成されない。

    これは、同様に金利が作成されていない別のローン契約から取得する必票がある。

    これは、本質的に、ペテロから盗んで、パウロに支払う事になる。

    これにより、借金の供給が不足する。

    利息収入は、ピラミッドの最下部の人々からピラミッドの最上部に真っ直ぐに行く。

    選ばれた裕福な少数のロスチャイルド。

    これらの利息の支払いは他の契約から盗み出され、財政的不足が永遠に続く事を保証する。

    これを修正する為に、彼らは更に多くの債務契約の上に債務契約を積み上げ彼ら自身が作成した債務ホールの債務の債務をカバーしている。

    これが、世界の国家債務が増加し続ける原因なのだ。

    一方、金利収入はピラミッドの最高位に資本を追加している。

    これによって、金利詐欺に加え、インフレが発生する。

    これは、私達国民からの更なる盗難である。

    そして、お金は継続的に真っ直ぐに動き続ける。

    再び、金詐欺のピラミッドの頂点へお金は向かう。

    実際の処、この金利の請求が、私達の経済的トラブルのほとんどを引き起こしている。

    ビラミッド階層の6番目の階層は多国籍企業によって形成されている。

    これらの企業は資産や運用を維持する責任があるが

    実際には、ロスチャイルドは、そのリソースと従業員を悪用する。

    ロスチャイルドは、コカ・コーラ、モンサント、シェル、ネスレ、デュポン、P&G、

    ユニリーバ、フィリップス等

    これらの多国籍企業のほぼ全てを直接又は間接的に所有している。

    ピラミッド構造の第7階層は政府によって形成されている。

    政府は、持ち込まれた税金の13%である使用税を支払う事により民間銀行システムに直接戻る。

    それは最高の破損である。

    最後に、ピラミッドの一番下の8段目にロスチャイルドを絶えず食べさせている人々つまり最上部のエリートがいる。

    私達はボトムフィーダーと見なされる。又は、役に立たない食べるだけの人と見なされます。

    私達は料金の90%を支払う事で、ピラミッドのトップ10%または最高のトップに分割される。

    それが、ロスチャイルドが私達の周りに織り込んだウェブの結果として500兆ドルを超える富を築いた方法である。

    ロスチャイルドの計画は、惑星を完全に引き継ぐ事であり、その点でロスチャイルドは操り人形の陰に隠れ

    信じられない程、成功している。

    彼らは人間をヒモで操る人形のように制御しそれで彼らは惑星地球の裕福な支配者と闇の支配者になった。

    ロスチャイルド家は、シュメール人ーバビロニア人ーハザリア人のように、血統の繁殖を通じて、王族と貴族に浸透し

    王室と貴族の家族に浸透する為に公式の結婚と側室を使用しました。

    DNA科学は時間の幕を引き裂き、これらの人々の中で蛇を明らかにしました。

    今日、「ユダヤ人」と呼ばれる人々は聖書で「あの古い蛇、悪魔」と表現されている悪の実体の弟子である。

    最初の数千年の初期の世紀からヨーロッパのハザールは悪魔的な「蛇の民」

    そして今、イスラエル国民はその国民がハザールであると認めている。

    ロスチャイルドの家族が1%のトップエリートでさえも支配している事を知っていますしたか?

    この情報を知り合いと共有してください。

    充分な人々が覚醒すれば、私達はこの戦いに勝利します。

    私達の子供達と孫達は、あなたの助けに感謝するでしょう。

    このメッセージを共有し、他の人にも同じ事をするように助言する事であなた自身の貢献をしてください。

    【超重要】ロスチャイルド家犯罪構成(詐欺金融システムの歴史)

    https://www.youtube.com/watch?v=iVpWeemhFIE



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.