Skip to content


「県民健康調査」に関し、福島県に要望書を提出しました via Our-Planet TV

福島県で194人もの小児甲状腺がん患者が見つかっている問題をめぐり、OurPlanetTVではこの2年間、福島県や福島県立医大に対して、詳細な手術症例の開示や臨床医の説明を求めてきました。その一部は個別取材や論文・学会などの発表により徐々に解明され、これまでもOurPlanet-TVで公表するとともに、科学雑誌※で詳細を報告してきたところです。

とはいえ今なお、再発・転移の状況をはじめ、臨床現場の状況は不透明なままです。「過剰診断」により「見つけなくてもよいがんを見つけている」との言説が流布していますが、OurPlanetTVの取材によれば、実態とかけ離れています。来週12月25日に開催される福島「県民健康調査」検討委員会に向け、改めて要望書を作成し送付いたしました。

(略)

なお毎回、検討委員会後の記者会見が短いため、様々な疑問が解消しないままとなっています。上記の要望書提出と同時に、以下の質問に回答するよう求めているところです。

1、 節目健診の方々のデータはいつどのように公表されるのか?(対象者人数は?)
2、 県外検査の日にちが5月31日現在になっているが何故か?
(県外・県内に関わらず、集計日の日にちを揃えるべきだと思うのですが)
3、 県立医大が新たに研究計画をたてて、「症例」把握をすることになったが、前回の検討委員会では「まだ倫理委員会に提出していない」との説明があった。しかし、実際には10月10日の倫理委員会で承認されている。なぜ、「これから倫理委員会に提出する」などとの虚偽の説明が行われたのか。
4、 上記研究は、研究計画書を見ると、同意書不要の研究となっている。すでに進められている福島医科大の研究(研究番号1909)で小児・若年甲状腺がん患者の症例データベースの存在が明らかになっているため、1ヶ月程度で結果がでるはずなのだが、県は、そのあたりをどう認識しているのか。
5、 前回検討委員会で、「検討委員会」と「甲状腺評価部会」の委員は重複しないようにしたと星座長は説明していたが、大阪大学の高野委員はなぜ重複しているのか?
6、 「甲状腺検査(二次検査)受付票」には2次検査の診療日を記録する欄が計5つ存在する。(別添1—①)甲状腺がんと全く関係ない症例は別としても、一定程度の「経過観察」は2次検査の枠内で実施可能ではないのか?
7、 前回検討委員会で、「検討委員会」と「甲状腺評価部会」の委員は重複しないようにしたと星座長は説明していたが、大阪大学の高野委員はなぜ重複しているのか?
8、 全国で行われている「福島原発事故」の損害賠償裁判で、被告・国の意見書に名前を並べ、「今回の事故では健康影響は起きない」と主張している専門家が、甲状腺評価部会の委員に選出されているが、中立性に問題があるのでは?
9、 IARCの会合について、環境省の梅田環境保健部長からなぜ検討委員会に報告がないのか?

要望書は「県民健康調査」に関し、福島県に要望書を提出しました

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Tally ERP crack says

    adobe illustrator crack is a professional vector design and drawing program. Illustrator is used as part of a larger design workflow and allows you to create everything from individual design elements to complete compositions. For example, designers use Illustrator to create posters, symbols, logos, patterns, icons, etc. With Adobe Stock Images, you can find the perfect image/photo to enhance your next creative project.

  2. idm crack says

    reSharper crack is the most efficient tool that is integrated into Visual Studio. It’s a productivity extension within the visual studio that assists in finding mistakes. Additionally, it can help with code correction errors, redundancy issues, syntax problems, and many others.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.