Skip to content


<原発事故>遮蔽土 復興事業で活用 via 河北新報

 環境省は29日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染土壌の放射線を遮蔽(しゃへい)するため仮置き場で使ってきた遮蔽土を、復興事業などで活用する方針を示した。福島県沿岸部で不足する盛り土や道路整備用などとして利用する方向。具体的な用途を検討するなど、県や地元自治体と調整する。

国が県内の宅地などで実施してきた除染が3月末でほぼ完了した。今後は、中間貯蔵施設への除染土壌搬出と仮置き場の撤去が進む予定。不要になる遮蔽土は400万~500万立方メートルに上るという。

続きは<原発事故>遮蔽土 復興事業で活用

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.