Skip to content


チェルノブイリで治療の医師講演 「福島の影響注視を」via 京都新聞

チェルノブイリ原発事故で被災したベラルーシで、医師として治療に当たった経験を持つ長野県松本市長の菅谷昭さん(73)が28日、京都市下京区のひと・まち交流館京都で講演した。事故から30年たった今も被害が収束しない状況を伝え、東京電力福島第1原発事故の教訓とするよう訴えた。

菅谷さんは1996年から約5年、ベラルーシに滞在し検診や治療に当たった。講演では昨年7月、事故後30年に合わせて現地を訪れた様子を伝えた。手術して治療した子どもたちが家庭を築いていると紹介。「悩みを抱えながら前を向いて生きている」と話した。

また、チェルノブイリ原発周辺の甲状腺がんが事故の影響と認められるまで10年かかったと指摘。福島県の現状にも触れ「甲状腺への影響を今後も注視することが大切」と強調した。

続きはチェルノブイリで治療の医師講演 「福島の影響注視を」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.