Skip to content


広島市 スマホかざすと原爆ドーム被爆前の姿 アプリ提供 via 毎日新聞

平和観光、外国人向けに

 広島市は6日、原爆ドームなど被爆建物にスマートフォン(スマホ)をかざすと被爆前後の写真が見られるアプリケーションを提供するなど、外国人旅行者向けの「ピースツーリズム」に力を入れる方針を明らかにした。昨年のオバマ前米大統領の訪問などで、さらに外国人旅行者の増加が見込めるため。スマホアプリは8月6日の原爆の日までの運用開始を目指す。

 原爆と平和をテーマにまち歩きができるように、原爆ドームを起点に旧日本銀行広島支店や袋町小平和資料館など被爆建物や平和関連施設を回るルートを設定する。拡張現実(AR)技術を導入し、建物前でスマホやタブレット端末をかざすと、原爆の威力が実感できる写真が英文の解説とともに表示される。

 新年度予算案に950万円を計上し、アプリの開発や周辺のWi-Fi(ワイファイ)環境の整備を進める。

続きは広島市 スマホかざすと原爆ドーム被爆前の姿 アプリ提供

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.