Skip to content


炎上中の横浜市だけじゃない。探偵が明かす原発避難いじめの実態 via Mag2News

福島第一原発の事故により、福島県から横浜市に避難した中学生がいじめを受けて不登校になった事件が大きなニュースとなっています。さらに、横浜市の教育長がいじめを受けないために金品を巻き上げられていたことを「いじめと認定できない」と発言し、ネットで炎上状態になっています。「いじめ」の実態に迫るメルマガ『伝説の探偵』では、この教育長の発言は「揚げ足取りレベルな言い訳」と一刀両断。教育界に蔓延する「いじめを認めない体制」を痛烈に批判しています。

いじめられないためにお金を払うのは、それ自体がいじめの被害

先日、ニュースで、横浜市で起きた原発いじめにおいて、いじめを受けないために被害者が金員を巻き上げられていた問題に対し、横浜市の教育長が「いじめとは認定できない。」と発言しさらに炎上している。

原発事故避難いじめ 横浜市長が教育長の発言を謝罪(NHK)

その根拠となるのが、専門家からなる第三者委員会の答申だと言うのだから目も当てられない。

そもそもいじめの専門家とはなんなのか?ちゃんと調査しているのか? 疑問が生じるだろう。

そして、では、何がいじめに当たるのか? それこそが問題だろう。

いじめ防止対策推進法において、いじめは定義されており、

[…]

つまり、いじめを受けないために、お金を渡すということ自体は、「恐喝被害」であって、これをいじめの定義で解釈する場合、どのように捻くれて理解しようとしても、いじめとなるのである。

[…]

2011年当時小学4年生であったAさんと中学生だった姉、母は津波で父らを亡くし、母の実家に身を寄せることになった。

家も流されていたため、着の身着のままでの引越しであった。

いじめは初登校から始まった。

自己紹介をしていたら、坊主頭の男子が「セシウムだ!」と大声で言ったのだ。周囲はドッと笑い。担任は聞こえないフリをしていた。

それから、Aさんはことあるごとに「セシウム」と呼ばれ、「席をつけてもらえない。」「給食の班わけに入れてもらえない。」などのいじめを受け、ついには母に「学校に行きたくない。」と言うまでになった。

私が直接話を聞きに出向き、話をしてくれるまで2日間通い、やっと聞いた上で、録音対策を行うことにした。

録音ではその様子が克明に記録され、さらに複数回の録音に成功した。

その中で、確かに担任教師がその場にいることがよくわかるものがあり、笑って対応するものもあったが、この担任は、真横で起きているやりとりを「聞こえなかった」「知らなかった」と嘘をつく始末であった。

結果として転校するまでの間、学校長と副校長がこのクラスの補助となり厳しく指導することになって、その通り実行されたが、当の教師は不利な立場となったことで心を痛めたとして無断欠席を繰り返し、ついには、学校に来なくなってしまった

この教師は、被害保護者のことをモンスターだと決めつけていたし、自己保身が強く、他者批判ばかりが目立った。
また、学校長や副校長、主任教員などへは、自己保身ばかりを気にして、同僚でも部下でもある自分自身を助ける人は誰もない。と嘆いていた。

つまりこの担任は全く反省をせずに、他の要因があって仕方がなかったのだとしたいのであろう。

[…]

 

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.