横浜・原発避難いじめ 認定困難発言に抗議 via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)が避難直後から小学校でいじめを受けていた問題で、生徒側の代理人は23日、横浜市の岡田優子教育長が「金銭授受のいじめ認定は困難」と発言したことに抗議する文書を市教育委員会に提出した。

 文書で生徒側は「発言は金銭授受をいじめと無関係とするような内容で、生徒を無用に苦しめる」と撤回を申し入れた。代理人によると、生徒や両親は岡田教育長の発言にショックを受けている。(共同)

 

原文

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.