Skip to content


中部電力 浜岡原発安全対策工事 5度目の延期 via 毎日新聞

中部電力は29日、浜岡原発(静岡県御前崎市)3、4号機の安全対策工事について、いずれも完成時期を示さずに延期すると 発表した。再稼働に向けた原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査が想定より進んでおらず、必要な対策を終える時期が見定めにくくなったため。延期は 5回目。審査の進み方次第ではさらに追加工事が必要なため、再稼働への道筋はいっそう不透明となりそうだ。

再稼働不透明に 完成時期示さず

 中部電は3、4号機の安全審査を規制委に申請中で、当初4号機の対策工事を今年9月、3号機を来年9月までに完了させる計画だった。4号機は規制委の審 査などを踏まえ、非常用電源の追加や耐震のための補強、火災対策などを9月以降も継続するという。計4000億円強としていた総工費は、現時点で据え置い た。

 審査は開始から2年以上たっても終了のめどが立っておらず、中部電は対策工事の完了時期を過去4回延期。勝野哲社長はこの日、名古屋市内で記者会見し 「審査の進展や新たな知見を踏まえ工事の見直しや追加の必要性があるため、終了時期は確定できない」と説明。再稼働の見通しについては「時間はかかるだろ うが、工事をしながら審査に対応したい」と述べた。

続きは中部電力 浜岡原発安全対策工事 5度目の延期 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.