Skip to content


福島原発 汚染タンク再利用へ 処理水の貯蔵逼迫 via 毎日新聞

東京電力は、福島第1原発の放射性汚染水からほとんどの放射性物質を除去し終えた処理水を、高濃度に汚染されている「フランジ型」タンクに戻して保管する 方針を決めた。汚染水の発生量を減らせず、処理水の貯蔵タンクの容量が逼迫(ひっぱく)してきたため。東電は処理水の移送計画を原子力規制委員会に提出 し、規制委は6日までに了承した。

続きは福島原発 汚染タンク再利用へ 処理水の貯蔵逼迫

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.