Skip to content


脱原発を訴えるアイドルが受ける非情な扱い「ミニスカでかわいい曲を歌っていればいい」via 週プレNEWS

(抜粋)

19日、福島瑞穂議員からの許可を受け、参議院議員会館で映画『大地を受け継ぐ』の特別試写会が行なわれた。震災後、福島の農家が味わった非情な現実が明らかにされるドキュメンタリー作品だ。実際に福島で農業を営む樽川和也氏の口からその苦悩が語られる。

(略)

「制服向上委員会」といえば、昨年行なわれた護憲団体のイベントで自民党批判を含んだ楽曲を披露し、話題となったアイドル。1992年に結成され、当初から反戦・反核を訴えていたが、東日本大震災を機に脱原発や憲法9条に関して歌う社会派アイドルグループとなった。

この日、映画を観た優里彩は「改めて原発っていらないなっていう風に強く感じました」と感想を述べ、まだ中学3年生の乃愛も「日本ではこういう恐ろしいことが現実に起きているんだ、と改めて感じた」と脱原発の思いを訴えた。

ただ、こうした社会的・政治的メッセージを伝えることで、活動が制限されているよう。井上監督から「楽屋で聞いたけど、イオンのレコード店でキャンペーンができなくなったとか」と振られると優里彩は

「本当にそうなんですよ。私たちがお招きいただいて現場に行くと『脱原発の歌は歌わないでください』だったり『政治的な主張の強い曲は控えてください』っておっしゃる主催者の方もいらっしゃいますよね」

と彼女らが目の当たりにした厳しい現実を漏らした。さらに批判も多く受けているが、その内容が気になるという。

「『原発はあってもいい』という意見だったら、この原発問題について改めて思考するきっかけになるので、ありがたく受け取るんですけど、『アイドル はミニスカートでかわいい恋愛の曲を歌ってればいいんだ』とか、そういう固定概念や『子供は主張の強いものは控えたほうがいいよ』とか、子供だからどう せって意見が多いんです」(優里彩)

(略)

映画『大地を受け継ぐ』は2月6日よりフォーラム福島で1週間限定の先行上映が行なわれ、2月20日よりポレポレ東中野ほかで公開される。

全文は脱原発を訴えるアイドルが受ける非情な扱い「ミニスカでかわいい曲を歌っていればいい」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.