Skip to content


ベルギーのドール原発1号機が自動停止、再稼働からわずか3日 via AFP BB News

【1月3日 AFP】ベルギーで2日午後6時(日本時間3日午前2時)ごろ、3日前に再稼働したばかりの老朽原発が自動停止した。安全面のリスクはないとされる。原発を操業している電力大手エレクトラベル(Electrabel)の広報担当者が、ベルギーのベルガ(Belga)通信の報道を確認する形でAFPに語った。

停止したのは北部にあるドール原発1号機(Doel 1)。同国は2025年までに国内の原発を段階的に全廃する原則を盛り込んだ脱原発法を制定し、これに沿って昨年2月に1号機を停止したものの、12月30日に運転を再開していた。

(略)

先月ベルギーでは運転開始から40年が経過したドール1号機とドール2号機(Doel 2)の運転を2025年まで延長することで合意が成立し、停電を招きかねなかった長年にわたる対立に終止符を打った。両原発の出力合計は86万6000キロワットで、同国の総発電能力の約6%に相当する。

全文はベルギーのドール原発1号機が自動停止、再稼働からわずか3日

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.