Skip to content


福島第1原発2号機、核燃料は「7割以上溶融」か 日本物理学会で発表 via J-Cast News

名古屋大学などのチームは2015年9月26日、東京電力福島第1原発の2号機について、核燃料の70%以上が溶融している可能性があると発表した。複数の主要メディアが報じた。

発表を行ったのは、大阪市内で開かれた日本物理学会の大会。

(略)

ミュー粒子は、コンクリートなどを通り抜けられるが、核燃料は通り抜けにくい性質を持つ。それを応用して、14年春から「ミュー粒子」の量などを観測したところ、2号機炉心にあるはずの核燃料がほぼ存在しないとの結果が得られた。

全文は福島第1原発2号機、核燃料は「7割以上溶融」か 日本物理学会で発表

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.