Skip to content


柏崎刈羽原発を優先審査へ 規制委が決定 福島第1と同じ沸騰水型 via 産経新聞

 原子力規制委員会は6日の会合で、未曽有の事故が起きた東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型原発の審査について、東電柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を優先的に進めることを決めた。耐震設計の目安となる基準地震動の議論は終わりが見えないため、原子炉建屋など施設の審査に限定する。

 規制委は審査の効率化を図るため、沸騰水型では先行する4原発の審査を一緒に進めてきたが、更田豊志委員は会合で「並行しての審査は相当な時間がかかるので、柏崎刈羽原発に集中して議論したい」と説明した。

[…]

おっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    「耐震設計の目安となる基準地震動の議論は終わりが見えないため、原子炉建屋など施設の審査に限定する」とはなんたることだろう。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.