Skip to content


[動画]がんばれ検察審査会! via 福島原発告訴団

3月24日12時、好天にも恵まれ、東京地裁前には250人の参加者が集まりました。
福島から避難を余儀なくされた人、福島から大型バスで駆け付けた人、弁護団、みな口々に、事故収束の厳しさと、終わりの見えない現状を訴えました。最後は、東京第5検察審査会が正義の判断を下し、被疑者らが強制起訴されることを求めて、地裁に向かってシュプレヒコール。
参議院議員会館講堂に移動して、13時半から「がんばれ検察審査会」院内集会が開かれました。参加者は300人弱。原発事故では、誰も責任を取らず、誰も 罪に問われない…。この間違った連鎖を断ち切らないことが、次の汚染水放出事件を生み、危険な再稼働を加速させています。明らかな証拠があるにも関わらず 検察が起訴できなかった大犯罪を、いよいよ市民の手で強制起訴する時がやってまいりました。
(略)

◆プログラム
  1. 開会のあいさつ:福島原発告訴団団長 武藤類子
  2. 弁護団スピーチ:保田行雄弁護士、海渡雄一弁護士、河合弘之弁護士
  3. 2015年告訴への参加呼びかけ:福島原発告訴団 事務局 地脇美和
  4. 激励のあいさつ:福島みずほ参議院議員
  5. ゲストスピーチ:落合恵子さん
  6. 汚染水問題の報告:福島原発告訴団副団長 佐藤和良
  7. 312汚染水問題に関する緊急政府交渉報告:福島原発告訴団 人見やよい
  8. 閉会のあいさつ:佐藤和良

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.