Skip to content


本県喫煙率、震災後に全国一 via 福島民報

厚生労働省の平成24年の国民健康・栄養調査で、本県の喫煙率は39・7%と全国で最も高くなった。全国健康保険協会(協会けんぽ)福島支部と県薬剤師会は、協会けんぽに加入する禁煙希望者が県内の薬局で気軽に禁煙の指導を受けられる窓口を整備し、市販の禁煙補助薬の購入費の一部を協会けんぽが負担する。協会けんぽと薬剤師が協力して禁煙事業に取り組むのは全国初で、19日に覚書を交わす。
 国民健康・栄養調査の喫煙率は厚生労働省が都道府県別に平均年齢が55歳になるように調整して実施した。全国平均は33・6%だったが、本県は全国平均を6・1ポイント上回り最も高くなった。

もっと読む

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.