Skip to content


京大の小出裕章助教、定年退職へ 原発危険性を長年訴え via 47 News

 原発の危険性を長年訴えてきた京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)の小出裕章助教(65)が3月末で定年退職することが19日、分かった。市民が参加できる勉強会「原子力安全問題ゼミ」で今月27日、最後の講演をする。

福島第1原発事故以前から原発の危険性を指摘し、事故以後も積極的に発言を続けた。

(略)

88年に明らかになった岡山、鳥取両県境の人形峠のウラン試掘による残土問題では、科学者として住民訴訟にも関わった。

全文は京大の小出裕章助教、定年退職へ 原発危険性を長年訴え

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.