赤十字委員長が広島訪問 被爆者の「強さに感銘」via 産経ニュース

赤十字国際委員会(ICRC、本部スイス・ジュネーブ)のペーター・マウラー委員長(58)が11日、広島市中区の平和記念公園を訪れ、被爆者の証 言を聞き「直接体験を耳にすることほど重要なことはない。(原爆投下から)70年間がんばり続けている強さに感銘を受けた」と述べた。

(略)

近くの広島国際会議場で松井一実市長と会談し、世界の各都市が加盟する平和首長会議の活動を踏まえ、核兵器廃絶に向けた政治的な連帯の重要性を強調した。

全文は赤十字委員長が広島訪問 被爆者の「強さに感銘」

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.