Skip to content


広島・長崎共同の原爆展、投下70年で via Yomiuri online

 広島、長崎に原爆が投下されて70年になるのに合わせ、広島県は6日、同県立美術館と長崎県美術館が、初めて共同で原爆被害を伝える企画展を7~10月に開催する、と発表した。

 広島で被爆した日本画家・平山郁夫氏が原爆の惨禍をテーマに した「広島生変図」、長崎の浦上天主堂の遺構を描いた洋画家・小山敬三氏の「浦上聖堂」など、両美術館や広島平和記念資料館(広島市)が所蔵する絵画や写 真を展示。

(略)

 開催は広島が7月25日~9月13日、長崎は9月19日~10月25日を予定している。

全文は広島・長崎共同の原爆展、投下70年で

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.