Skip to content


福島原発:ヨウ素剤の事前配布など…防災対策を不要と判断 via 毎日新聞

◇「廃炉作業中で放射性物質大量漏出の事故リスク十分小さい」

原子力規制委員会の有識者会合は2日、東京電力福島第1原発周辺では安定ヨウ素剤の事前配布や避難バスの手配など事前の防災対策を不要とする方針を決めた。同原発は廃炉作業中で、放射性物質が大量に漏れ出す事故のリスクが十分小さいと判断した。

通常の原発で定める事前避難が必要な区域(5キロ圏、PAZ)は、住民がいないため設定しない。敷地境界の放射線量が3カ月平均と比べ毎時5マイ クロシーベルト上昇した場合は原子力災害対策特別措置法の緊急事態と位置づけ、同原発の避難指示区域に立ち入っている住民に域外退去を指示する。

一方、旧原子力安全委員会が全ての原発について設定を求めていた、原発から50キロ圏の防災対策について、事前の設定が見送られることになった。

続きは 福島原発:ヨウ素剤の事前配布など…防災対策を不要と判断

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.