Skip to content


玄海原発、原子炉補助建屋で発煙、すぐ消火 via 朝日新聞

九州電力は28日、玄海原子力発電所3、4号機(佐賀県玄海町)の間にある原子炉補助建屋の地下2階で、電気のブレーカーから煙が出ているのが見つかった、と発表した。けが人はなく、放射能漏れや作業員の被曝(ひばく)も確認されていないという。

九電によると、同日午前9時35分ごろ、放射性物質をふくむ1次系冷却水の測定・分析をする「第1放射化学室」で、協力会社の社員が煙が出ているのに気づき、消火器で消し止めたという。同11時40分に鎮火が確認された。九電や消防が原因を調べている。

続きは玄海原発、原子炉補助建屋で発煙、すぐ消火

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.