Skip to content


東北電も受け付け中断検討 再生エネ買い取り via 沖縄タイムス

東北電力の海輪誠社長は25日の記者会見で、再生可能エネルギーの電力を買い取る契約の受け付け中断を検討する考えを示した。これらの電力を優遇する「固定価格買い取り制度」が始まって以降、太陽光発電を中心に導入計画が急増。天候による出力変動に対応できず、電気の安定供給に支障が出る恐れがあると説明している。

 再生可能エネルギーでは九州電力が25日から九州全域での契約受け付けを中断しており、問題は各地に広がりそうだ。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    これはクサイ。「電気の安定供給に支障が出る恐れ」など、真に受けるわけにはいかない。現在世界の太陽発電能力のベストテンにはドイツ(断一でトップ)、ベルギー、英国などとおよそ「南国」とは称せない国々が入っている。合衆国のベストテンの4位はマサチュウセッツ州でアメリカの北東部に所在する。どの国も2010年と比べても、目覚ましい速度でキャパシティを増やしている。ちなみに日本は2010年は3位、2014年9月現在は4位でイタリアに抜かれたが、それでも4年前に比べて、500%の延びを見せている。「安定供給」できないとは、他国の技術に劣る、ということだろうか。「自由化」に逆行する国の原発支援策が真の理由、と疑わざるを得ない。せっかく気付いてきた技術や地域の活性化、延いては国民を、人類を、地球を傷つけるつもりなのか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.