Skip to content


1万6千人が集結し原発反対の声「私達はなにがあろうと一歩も引かない」via IWJ Independent Web Journal

「さようなら原発1千万署名市民の会・1000万人アクション」の主催で9月23日、「さようなら原発全国大集会」が行なわれた。当初、代々木公園での開 催が予定されていたこの集会は、デング熱の問題で江東区の亀戸中央公園に会場が変更となったものの、1万6000人もの人々が集結し、原発反対の声をあげ た。

(略)

広がる原発反対のネットワーク

サブステージからスタートした集会では、ライヴなども行なわれ、韓国や台湾、福井からも原発に反対する人々が会場を訪れて原発のない社会を訴え た。弁護士の河合弘之氏は、「(福島第一原子力発電所事故に係る)飯舘村の損害賠償請求に立ち上がりました」と報告。飯舘村人口約6000人のうち、 3400人が60人近い弁護団に委任したという。河合氏は、「福島の損害からの回復が、原発差し止めの原点」だと訴えた。

メインステージでは、反原発や反体制の曲を発売し、ゲリラ的な活動をしていたタイマーズの意思を継ぐエセタイマーズのライヴでスタートを切った。 その後、女優の木内みどり氏が司会を行ない、「さようなら原発1000万人アクション」の呼びかけ人である鎌田慧氏、澤地久枝氏、大江健三郎氏、落合恵子 氏などが登壇して、原発の再稼働を容認しようとする安倍政権に強く抗議した。

1954年3月1日の南太平洋ビキニ環礁での米国の水爆実験で被曝したマグロ漁船第5福竜丸乗組員であった大石又七氏も車イスで登壇した。大石氏 は、「放射能の本当の怖さを知って下さい。核兵器の放射能、原発の放射能は同じものです。原発も核兵器の絶対反対です」と力強く訴えた。(IWJ・松井信 篤)

続きは(会員限定)1万6千人が集結し原発反対の声「私達はなにがあろうと一歩も引かない」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.