Skip to content


震災「がんに影響とまでは言えず」訴え棄却 via NHK News Web

東日本大震災の7か月後に胃がんで亡くなった仙台市の男性の遺族が、「がんの原因は震災によるストレスだ」 として仙台市に対して災害関連死と認めるよう求めた裁判で、仙台地方裁判所は、「震災ががんの発症や進行に影響を及ぼしたとまでは言えない」と指摘して、 遺族の訴えを退けました。

仙台市宮城野区の大久保正吾さん(当時76)は、震災で一部が壊れた自宅で暮らすなか、不眠症や食欲の低下が続き、震災からおよそ7か月後に胃がんで死亡しました。
大久保さんの妻は、「震災によるストレスが胃がんの原因だ」として、仙台市に対し災害関連死と認定するよう求めたところ認められなかったことから、ことし2月、処分の取り消しを求める訴えを起こしていました。
9日の判決で仙台地方裁判所の高宮健二裁判長は、「大久保さんが震災の年の7月に病院で検査を受けたところ胃がんと診断されたが、震災時の進行の程度を認定しえる証拠がない。

震災が胃がんの発症や進行に影響を及ぼしたとまでは言えない」と指摘して、遺族の訴えを退けました。

続きは震災「がんに影響とまでは言えず」訴え棄却

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.