Skip to content


インド:豪と原子力協定調印 原発増設で燃料確保図る via 毎日新聞

 【ニューデリー金子淳】オーストラリアのアボット首相は5日夜、インドの首都ニューデリーでモディ首相と会談し、インドへ原子力発電の燃料となるウランを輸出できるようにする原子力協定に調印した。原発増設を進めるインドにとっては、燃料の安定供給につなげる狙いがある。

電力不足に悩むインドでは現在、21基の原発が稼働中。2023年度までに原発による発電量を3倍にする目標を立てている。

(略)

豪州との交渉は12年開始。インドは事実上の核保有国だが核拡散防止条約(NPT)に加盟しておらず、原爆の原料にもなるウランの軍事転用をどう防ぐかが焦点となっていた。

豪州はこれまでNPT非加盟国には輸出してこなかったが、アボット首相は訪印前の3日、豪議会で調印の意向を表明した。インドは6月、国際原子力機関(IAEA)の抜き打ち査察を可能とする追加議定書の批准を決定しており、豪州は、こうしたインドの対応を評価したとみられる。

インドは10年から日本とも原子力協定の交渉を始めており、1日の日印首脳会談では早期妥結に向けた交渉加速が確認された。インド側は使用済み核燃料の再処理を認めるよう求めているが、軍事転用の可能性があるとして、日本側が難色を示しているとされる。

全文はインド:豪と原子力協定調印 原発増設で燃料確保図る

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.