Skip to content


群馬)福島からの子らが療養所でキャンプ via 朝日新聞

草津町の国立ハンセン病療養所「栗生楽泉園」で3日、福島県などから子どもたちを招いたキャンプが始まった。7日までの5日間、元患者らと交流する。

 「おいしい空気を吸って元気に帰って、友達に『ハンセン病元患者の人たちに会って楽しかった』と話してほしい」。3日午後、栗生楽泉園内の厚生会館で、入所者自治会長の藤田三四郎さん(88)が、子どもたちに呼びかけた。

 福島第一原発事故の影響で、なかなか外で遊べない子どもたちを受け入れようと、2012年から始まった。費用は自治会からの拠出や寄付などでまかなう。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.