除染、個人被ばく線量重視へ 環境省が新方針発表 via 47 News

東京電力福島第1原発事故に伴う除染をめぐり、環境省は1日、多くの 市町村が目指している空間放射線量「毎時0・23マイクロシーベルト」は除染目標ではないと強調し、空間線量から個人被ばく線量に基づいた除染に転換すべ きだとする報告書を発表した。地元自治体から除染の効率化が図れると歓迎の意見が出る一方、新方針への反発や除染現場の混乱を懸念する声もある。

続きは除染、個人被ばく線量重視へ 環境省が新方針発表

関連記事:「東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に係る個人線量の特性に関する調査」の追加調査の実施について via 放射線医学総合研究所

当サイト既出関連記事:環境省:除染目安の空間線量を緩和 via 毎日新聞

 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.