ゴミ箱の遺体は除染作業員…野宿中に引火か via 読売新聞

福島県白河市新高山のショッピングセンターで8日、屋外のゴミ箱から見つかった焼死体の身元について、白河署は13日、同県郡山市開成、除染作業員亀井輝光さん(41)と発表した。

争った形跡や目立った外傷はなく、現場にライターがあった。同署は、段ボールなどが捨てられたゴミ箱の中で野宿をしていた際、たばこなどの火が燃え移った可能性が高いとしている。

県警幹部によると、亀井さんは今月6日以降、出勤せず、会社が借りたアパートにも戻っていなかった。一人暮らしだった。勤務先の知人男性(52)は「7月から郡山市の除染現場で働いていたが、突然、来なくなった。心配していた」と話した。

全文は ゴミ箱の遺体は除染作業員…野宿中に引火か

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

1 Response to ゴミ箱の遺体は除染作業員…野宿中に引火か via 読売新聞

  1. kojimaaiko says:

    限られた情報ですが、除染作業の労働環境、実態などについて不安な想像をかきたてられる痛ましい事件です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.