Skip to content


米懸念受け原発ゼロ法制化見送る 開示公文書で経緯判明 via 47NEWS

東京電力福島第1原発事故を受けて民主党政権が昨年、「2030年代の原発ゼロ」を明示した新政策を法制化する構想を検討し、最終段階で見送った経緯が11日、政府が共同通信に開示した公文書で分かった。法制化を断念した理由について、関係者は「ねじれ国会」や米政府の懸念があったと証言。
[...]
 多くの国民が今も求める原発ゼロを法制化する試みが挫折した詳細な過程が判明した。

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    これこそ「属国」の証ではないでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.