Skip to content


[画像有り」福島第1原発汚染水漏えい問題 地盤沈下でタンク損傷の可能性 via FNNニュース

福島第1原発の汚染水を保管するタンクから高濃度の汚染水が漏えいした問題で、東京電力は、問題のタンクが、過去に、地盤沈下で損傷を受けた可能性があることを明らかにした。
原子力立地本部長代理・今泉典之氏は「(タンクが沈下した際に、何らかの損傷や変形が生じた可能性も含めて原因究明している?)はい、結構でございます」と答えた。
この問題は、福島第1原発の敷地内にあるタンクから、高濃度の汚染水およそ300トンが漏えいし、一部が、排水溝を通じて海に流出した可能性があるもの。
東京電力によると、問題のあったタンクは、当初、別の場所に設置されていたが、2011年7月、タンクに水をためる試験をしたところ、地盤がおよそ20cm沈んだため、一度解体したうえで、現在の場所に移して使っていたという。

続きとビデオは福島第1原発汚染水漏えい問題 地盤沈下でタンク損傷の可能性

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.